TOP » 葬儀社選びのポイント » どんな葬儀がしたいのかを決める » 社葬

社葬

社葬とは

社葬とは故人が関係する会社が行うお葬式です。一般的なお葬式では家族が行います。社葬では、主催するのが会社であることに大きな違いがあります。そのため、葬儀費用は会社の経費によりまかなわれるのです。

ただし、喪主は遺族の代表者がつとめ、会社は施主という形になります。葬儀委員長という役割もあり、会社の代表者がつとめるのが一般的です。また、社葬の中には合同葬という形式もあり、この場合、企業と遺族が合同で葬儀を行うことになります。

社葬ができる人は
限られています

社葬は、社員が亡くなったら無条件に行われるものではありません。通常、社葬が行われるのは、企業の創業者や功労者や現役のトップのような立場の人が亡くなった場合です。

社葬の規模感

社葬の場合、ほとんどは大規模になります。企業規模が大きいものであれば、比例して参列者も増えることになるでしょう。一般葬では、通常、多くても200人規模が一般的です。

社葬の場合、所属していた企業だけではなく関係企業の人たちも参列することになります。そのため、数百人、数千人規模になることも考えられるでしょう。

社葬には社会的に
知らせる役割も

どうして社葬を行うのか、その目的を考えると、社会一般に、個人が亡くなったことを広く伝えるという意味もあるのです。そのことを考えると、盛大に行われるのがほとんどですから、規模が大きくなるのは自然なことでしょう。

社葬のメリット

社葬は個人が亡くなられたことを示す役割もあります。故人への哀悼ということが中心にあるのですが、カリスマと言われるような創業者が亡くなった場合、企業の今後に不安材料が残るのもしかたありません。

社葬を行うことで、故人の業績を知ってもらい、後継者も居て亡くなられても組織は崩れないことを社会や取引先や顧客に知ってもらう目的もあります。

社葬には企業アピール
の意味も

社葬を行うことは、同時に企業をアピールすることにもつながるのです。また、社葬を行うことで、会社の中心人物が亡くなっても盤石ということで、信頼性を高められるメリットもあります。

社葬のデメリット

社葬のデメリットは、参列者の人数が非常に多くなる可能性が高いことです。家族葬や一般葬でしたら、ある程度、参列者がどの程度の人数になるかは予想もできます。

しかし社葬は大規模になることが考えられますし、自社の社員だけではなく、社外関係者も多く参列されることが考えられるため、予想がむずかしいのです。

遺族の負担も大きい

遺族は参列者に対してのおもてなしに非常に気を遣わなければなりません。さらに葬儀費用がふくれあがることも考えられ、税務手続きや準備も大変です。ただ、その辺りは企業が対応してくれるでしょうしフォローもしてくれますが、それでも他の葬儀より負担が大きいお葬式と言えるでしょう。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る