TOP » 葬儀社選びのポイント » どんな葬儀がしたいのかを決める » 一般葬

一般葬

一般葬とは

一般葬は一般的な葬儀形式です。葬儀の流れは、安置、通夜、告別式、火葬、初七日という手順となります。故人の長い人生、たくさんの人たちとつながりがあるはずです。仕事をしていたのでしたら職場で一緒に働いた人たちがいるでしょう。

家族以外も弔問者が来ます

また、ご近所の方や町内会関係者やご友人など、故人と関係のある人たちを含め、参列してもらいます。そのため、家族にとっては面識のない方も集まるでしょう。

故人の代わりにおもてなしをするという意識を持たなければならないため、葬儀のしきたりなどには十分に配慮した方が良いでしょう。

一般葬の規模感

一般葬の規模は参列者の人数に左右されますが、ある程度、大きくなることが多いでしょう。故人の関係する人たちが一同に参列するわけですから、大きくなるのは自然なことです。

交友関係が広いと
規模が大きくなる

故人の交友関係が広い場合、100名以上の参列者も考えられます。そうなると、会場も十分に人が入れるだけの規模が必要です。費用については、首都圏や地方で比較した場合、多少は違いもあります。 式場や火葬、葬儀、食事、香典返し、読経をあげてくれる僧侶のお布施なども、諸々含めて考えると負担が大きくなるのは間違いないでしょう。

一般葬のメリット

一般葬は多くのご家庭が行ってきた従来の形式です。そのため、困ったことがあれば、親戚や友人など、実際に一般葬をした経験のある親しい人に相談しやすいです。また、参列者を限定しないので故人と縁があった人たちがお別れをする良い機会にもなります。

親戚との関係が崩れる
可能性が低い

他にも、家族と面識のなかった人たちと新しい人間関係が生まれる場合もあるでしょう。参列者が限られるお葬式では、故人が亡くなったことを知り、葬儀後、弔問にくる場合もあります。 一般葬にすれば、弔問に来る人も少なくなることが考えられるため、対応の負担を減らせるでしょう。また、葬儀に呼ばれなかった人たちと、遺族との間でトラブルが起きにくいです。

一般葬のデメリット

一般葬のデメリットは、家族葬より負担が大きくなることです。参列する人たちが多くなることも予想されるため、総合的な費用が高くなる傾向にあります。葬儀会場の規模も大きくなりますし、香典返しも増えることが考えられるでしょう。

知らない人への対応も必要

故人独自のつながりで参列される方も多いので、家族とは面識のない人たちへのおもてなしも必要です。一般葬はしきたりが重視されることも多く、規模が大きくなれば、それだけ気苦労が増えます。参列者への対応に時間がかかるため、ゆっくりとお別れができないことも考えられるでしょう。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る