TOP » 葬儀コラム » 葬儀セミナーに行ってみよう

葬儀セミナーに行ってみよう

葬儀社のセミナーから
ヒントを得よう

葬儀のあり方や考え方が多岐にわたる現在、葬儀社もただ黙ってお客さんを待つというだけではありません。多くの葬儀社がセミナーや勉強会を開催しており、集客を図っています。

一般的にセミナーというと、参加したらそのまま営業にあうのではないかと心配になる方も多いでしょう。ただ、このセミナーには、葬儀社の対応力を判断するたくさんの要素があるのです。

少しでもよい葬儀社を選ぶために、ぜひ以下の点を参考にしてセミナーに参加してみてください。

参加者への配慮から
葬儀社を判断する

葬儀は言うまでもなく、接客業です。しかもレストランやコンビニのような日常ではなく、故人を送るという重要な使命をもった「非日常」の接客業とも言えます。

自分が葬儀を頼みたい葬儀社を選ぶために、セミナーで葬儀社の対応力に注目して見てみましょう。

参加者が見やすい資料が
用意されているか

葬儀のセミナーに参加される方は、基本的に年配の方が多数を占めます。通常のプレゼン資料やスライドでは、人によっては見づらく感じて内容に追いつけない可能性があります。

スライドの内容は簡潔で、読みやすいサイズになっているかなどの項目を用意してセミナーに参加すれば、その葬儀社がどれだけお客さんのことを考えているかが推し量れます。

話す声のボリューム・速さ
は適切か

話す内容ももちろんですが、参加者に伝わるスピードとボリュームでスピーチをしているかも大切な要素です。せっかくセミナーの場を用意していても、参加者に声が届かなければその効果は半減してしまいます。参加者に合わせたボリュームと、話のスピードを意識してセミナーを行っているかも、大切なポイントです。

セミナーの会場はどこか

セミナーが開催される場所が、葬儀社所有の自社斎場だった場合は非常にラッキーです。葬儀社の斎場に入る機会は、実はそれほど多いものではありません。斎場の作りを見て、規模感を把握するには、自社斎場で行われるセミナーはもってこいです。

セミナーに参加した葬儀社で葬儀をあげる予定はなくとも、ご自身の葬儀エリアにある葬儀社のセミナーに参加をしておくと、後々必要になった際に比較情報として役に立つでしょう。

セミナー以外の催し物
に参加する

今回は、セミナーに特化してお話しを進めてまいりましたが、葬儀社によってはセミナーだけではなく、地域住民に向けてイベントを開催しているところもあります。

これらの葬儀社主催のイベントは、セミナーほど参加へのハードルも高くなく、気軽に遊びに行けるものもあります。ぜひお住まいの地域で行われている葬儀社のイベントを検索してみてはいかがでしょうか。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る