TOP » 葬儀コラム » 葬儀を行う意味とは

葬儀を行う意味とは

多角的に葬儀の意味を考察する

「果たして葬儀をやる必要ってあるのだろうか?」「弔いの気持ちさえあれば、お葬式なんて、別にやらなくてもいいんじゃないだろうか?」という意見をどこかで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。当たり前のように人が亡くなったら葬儀をしていた昔に比べ、今は葬儀もずいぶん簡略化され、値段もリーズナブルになりました。

しかし、葬儀は「儀礼的な意味しか持たないもの」ではありません。そこには、故人だけでなく、残された人の心に寄り添う大切な役割があると私は思っています。今回は、葬儀の持つ意味をあらためて考えてみる、というテーマでお話しをしてみたいと思います。

葬儀の持つ
「社会的」な意味

葬儀は、所属する社会に向けて「亡くなったことを伝える」という意味があります。死亡届を出し、葬儀をあげ、火葬をして、お墓に入る。この一連の流れは、その人が亡くなったことを社会的に公にする行為でもあります。

現在、密葬や直葬など、従来に比べシンプルで小規模な葬儀の形が流行りつつあります。ただ、規模が小さくなったからといって葬儀の持つ意味が大きく変わるわけではありません。今も昔も、葬儀は故人、遺族、残された人のためのものであり、社会的にも必要な儀式だと私は思っています。以下に葬儀の持つ意味を、さまざまな側面から分析してまとめてみました。参考にしてみてください。

葬儀のもつ「物理的」な意味

日本においては「火葬」がこれにあたります。人が亡くなった場合、自治体に連絡をして遺体を適切に処理することが法律で決まっています。どんなに故人が望んでいても、遺体をそのまま土に埋める、独自に保存をする、といった処置は、認められておりません。故人をきちんと火葬し埋葬するのは、日本に住む以上、国民に課せられた義務です。

葬儀のもつ「心理的」な意味

人が亡くなるのはもちろん悲しいことです。故人と親交が深ければ深いほど、より一層悲しみは深いものに。葬儀は、親しい人の死を現実の問題と認識し、手厚く送ってあげることで、残された人が悲しみを乗り越えるための時間です。葬儀を物理的・社会的な一面で考えれば、最低限の葬儀でも十分にその義務は果たせます。

しかし、親しい人を亡くした人の気持ちは、どこに置くべきなのでしょうか。よく「死に目に会えなかった」「葬式にも行けなかった」という言葉が使われますが、やはり、人の死に目にはきちんとしたお別れがしたいのは人情です。故人をきちんと送ってあげた、ちゃんとお別れができたという事実で、残されたものの気持ちをケアできるのが、葬儀の最大の意味だと私は思います。

ただし、故人を送る気持ちも形式も、すべては送る人と故人の想い次第です。どのような形で葬儀を行うかは、しっかりと考えて結論を出すべきでしょう。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る