TOP » 葬儀の流れをスケジュールで解説 » 安置~納棺

安置~納棺

このページでは、納棺の流れとやることを解説していきます。納棺は、故人にとっての新しい旅立ちでもあります。事前に知識を得ておいて、いざという時に慌てない様にしておきましょう。

納棺の意味

納棺は故人を棺桶の中に納めることです。一般的に、近い身内が集まり、お通夜の前に行われます。事情によっては、通夜まで日にちがかかる場合もあるでしょう。その場合は通夜の少し前に時間を取って行ないます。

納棺は、単純に棺桶の中に故人を納めるものではありません。身なりを整え、旅立ちのための準備を整えることが目的です。かつては親族が行っていましたが、現在では、納棺師という専門家や、葬儀社が行うことも多くなっています。作法が分からなくても、詳しく納棺師が教えてくれますので、心を込めて納棺しましょう。

納棺に必要なこと

納棺に際して事前に知っておきたいものは以下の通りです。

通常、人が亡くなった場合、病院などから自宅へ帰り安置し、そして納棺という流れが一般的です。この納棺までに、末期の水、湯灌、死化粧、死装束の着付け、故人の旅で必要になる副葬品の用意などがあります。

納棺での儀式は旅立ちのための準備

末期の水、湯灌、死化粧や死装束は、旅立ちのための身なりを整えるという意味がありますので、最後のお別れということを考えれば納棺に関わる儀式の作法についても知っておいた方が良いでしょう。

納棺の作法について

「末期の水と湯灌」

末期の水は「死に水を取る」という儀式です。親しかった人から順番に、故人の口に水を含ませるというものです。一般的には、喪主が一番目となり、血縁関係の近い人から順番に行います。箸の先に脱脂綿を巻いてそこに水を含ませ、唇を濡らすという流れです。ただし、宗派、地域によっては行わない所もあります。

湯灌(ゆかん)

湯灌は、故人の体を水で清める儀式です。清潔にするという意味合い以外にも、生前の穢れ(けがれ)や煩悩を洗うために行われます。体だけではなく、爪を切る、顔を洗うこともある儀式です。

死化粧と死装束や副葬品

死化粧と死装束

死装束も、一般的に行われる納棺の儀式の一つです。死化粧は、現在ではエンゼルメイクと呼ぶこともあります。死化粧の方法には地域の慣習もありますが、一般的に、女性は顔に薄く化粧し、男性はひげを剃ることが行われます。ただし、地域によっては、死化粧やひげを剃るために刃物を当てることもダメな所もあるので確認が必要です。

死装束は普段着が許される場合も

死化粧の後は、死装束を着せます。伝統的には、白無地の木綿で塗った経帷子を左前に合わせ、着せていました。また、宗派により異なるので確認しましょう。現代では、いつも着ていたお気に入りの服を着せるケースも増えています。副葬品に関しては、棺の中に故人が愛用したものを入れます。ただ、燃えにくい金属品などは、火葬する際に遺骨に悪影響が出る場合もあるので止めておきましょう。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る