TOP » 葬儀の流れをスケジュールで解説 » 火葬

火葬

火葬~精進落としまでの流れは以下の通りです。

  1. 納めの式
  2. 骨上げ
  3. 初七日
  4. 精進落し

火葬について

火葬は現代の日本で一般的に行われている葬送です。昔は土葬という選択肢もあり、地域によっては他にもさまざまな葬送方法が行われました。

火葬が広まったのは明治時代からと考えられており現代では一般的です。ただし、法律で土葬が禁止されたわけではありません。しかし市町村による条例で禁止されていることも多く、ほとんどの場合、認められないと考えた方が良いでしょう。

火葬が終わった後は、骨上げの儀式を行います。

1.納めの式

火葬場では「納めの式」を行います。納めの式とは火葬炉の前で最後のお別れをする儀式です。僧侶が同行している場合、読経を行ってご焼香という流れとなります。火葬許可証がないと行えないので注意しましょう。

火葬場では、火が入れられて終わるまで、1時間から2時間程度が必要です。その間、火葬場には控室がありますので、そこで待機します。また、遺族は火葬場で改めて会葬者に挨拶を求められるケースもあります。その点は行うかどうか、葬儀会社と打ち合わせをしておきましょう。

2.骨上げ

火葬が終わると、骨上げ台に故人の骨が乗った状態で出てきます。この骨を、遺族や同行した人たちで骨壷の中に納める儀式が骨上げです。

基本的には、二人一組で協力し、竹箸で骨を拾い上げて骨壷に納めていきます。故人と縁の深い人から順番に行うのが一般的です。

骨を拾う順番は
担当者がサポート

拾う骨についても順番が決められていますが、火葬場の担当者が指示をしてくれるので安心してください。基本的には、足から上半身に向かって拾い、一番最後に喉仏を骨壷に納めます。

ただ、風習によっては一般と異なる場合もあるので、葬儀社のスタッフにあらかじめ確認しておきましょう。

3.初七日

骨上げをして、斎場に戻った後も儀式が必要な場合もあります。例えば初七日の法要は、通常、故人が亡くなり7日目に行うのですが、遠方から来られる親戚も少なくありません。そのため、骨上げの後すぐに行うケースも増えています。

4.精進落し

初七日が終わると、精進落しです。僧侶や遺族、親族やお世話になった方々による会食は精進落しと呼ばれています。精進落しをはじめる時と、終わる時、喪主から簡単な挨拶をしましょう。この精進落しが終わると、お葬式は無事終了となります。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る