TOP » 葬儀の流れをスケジュールで解説 » 告別式

告別式

告別式の流れは以下の通りです。

  1. 告別式
  2. 喪主挨拶
  3. 出棺

1.告別式

告別式は故人と親しい人たちが最後の別れのために行う儀式です。葬儀と混同されがちですが、本来は別の儀式でした。葬儀は故人の成仏のため、遺族や近親者が行うもので、告別式は参列者を呼んで故人を偲ぶ意味がありました。現代では、葬儀と告別式は区別していない場合がほとんどです。

告別式と葬儀の明確な境界は、葬儀は僧侶が読経を行っている時は「葬儀」、弔事や弔電や参列者によるご焼香は「告別式」と考えると自然です。

2.喪主の挨拶

一般的に、焼香が終わり、僧侶が退場をするタイミングで喪主の挨拶が求められます。多くの参列者が見守る中で挨拶をしなければならないので、緊張するのは当然です。ただ、コツをつかめばスムーズに行えるでしょう。また、告別式などの挨拶では、無理をして暗記をする必要もありません。覚えられなければ紙に書いて読んでも悪いことではありません

長すぎず短すぎず

挨拶では長くならないようにしましょう。長くても3分以内を目安にしてください。短すぎるとものたりなさを感じ、長すぎるのも聞く方が疲れてしまいます。約3分ぐらいが挨拶としてちょうど良い長さと言えるでしょう。

故人の人柄と
エピソードを述べる

喪主の挨拶のポイントですが、一般的に自己紹介からはじめます。故人と自分との関係で、次に、弔問に来てくれた参列者へ感謝の気持ちを伝えてください。そして、生前お世話になったことへのお礼、故人の人柄が分かるような言葉、あるいはエピソードなどを含めると良いでしょう。それから、今後、家族一同頑張って行くこと含めるときれいにまとまります。

忌み言葉に注意

挨拶では忌み言葉に注意してください。浮かばれない、迷うといった不吉な言葉、しばしば、再びのような重ね言葉、死ぬ、生きるといった生死に関わる言葉は避けましょう。

3.出棺

葬儀、告別式が終わり、別れ花をしたら出棺となります。棺は、遺族、近親者、親しい友人で運び出します。原則的に男性が運ぶのが一般的です。また、喪主は位牌を持って先頭を進み、喪主の次に関係の深い人が遺影を持って、霊柩車へ向かいます。

棺を運ぶ時、故人の足が進行方向へ向けて進むのですが、これは、家に帰られないようにするという意味が込められているのです。火葬場への移動では、喪主は位牌を持ち、霊柩車に乗って向かいます。他の遺族や親族は、自分の自動車か、バス、タクシーなどで火葬場へ向かう流れです。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る