TOP » 葬儀の疑問Q&A集 » 喪主はどんな服装が望ましい?

喪主はどんな服装が望ましい?

意外と知らない喪主の服装のマナーについて説明しています。喪主は参列者の印象に残る立場です。好ましい服装をして変な印象を与えないように心がけましょう。

男性の喪主に
望ましい服装

喪主にとって望ましい服装は、もちろん喪服です。意外と知られていませんが、実は喪服には略式喪服正式喪服の二種類があります。通夜であれば略式喪服でも問題ありませんが、お葬式には正式喪服が理想とされています。

男性の略式喪服

黒のスーツの着用で問題ありません。黒のスーツに白いワイシャツ、ネクタイと靴下は黒を着用します。イメージとしては、参列者と同じ服装が近いといえます。

男性の正式喪服

洋装の場合

洋装の場合にはモーニングコートを着用しましょう。小物ですが、ネクタイはプレーンノットで結び、タイピンはつけないのが一般的です。靴についても黒が基本です。黒とはいっても、エナメルのように光沢があるものは避けましょう

革靴にも種類がありますが、ローファーのようなカジュアルなものは避け、フォーマル用の紐靴であるストレートチップがおすすめです。鞄を使用する際には、派手な金具のついていない、黒の革の鞄であれば問題ありません。

和装の場合

黒紋付羽織袴を着用しましょう。ただ、よほどの家柄や決まりごとがある場合以外は、男性は洋装での参加が一般的と言えます。

女性の喪主に
望ましい服装

女性の正式喪服と
略式喪服について

女性の場合、洋装であれば略式喪服と正式喪服に大きな差はありません。和服の場合は正式と略式に違いがありますので、参考までにご覧ください。

洋装の場合

男性とは異なり、女性の場合には、略式喪服と正式喪服に大きな違いはありません。黒で統一したアンサンブルやワンピースの着用が好ましいです。スーツを着用する場合には、白のブラウスは着用せずに、黒いものを着用します。

和装の場合

正式喪服の場合は黒無地で染み抜き五つ紋となります。略式喪服の場合には、黒無地の着物であれば問題ありません。

小物の扱いについて

女性の場合は、男性より小物が気になる方が多いかもしれません。まず靴ですが、黒のパンプスが無難です。ミュールやサンダルはカジュアルですので、黒であっても避けるべきでしょう。

草履でしたら、やはり光沢のない黒いものが好ましいと言えます。足袋は白を着用してください。

鞄は黒で光沢があったり、派手な金具がついていないものでしたら問題ありませんが、カジュアルなイメージのあるショルダーバッグなどは避けるといいでしょう。革製品は避けろといわれることがあるかと思いますが、実際には問題ありません。

メイクについて

メイクやネイルですが、やはり華美なものは避けた方がいいでしょう。チークやアイシャドウはせずナチュラルメイクが基本です。ネイルが派手で、しかも簡単に落とせない場合には、黒い手袋で隠すという方法もあります。

髪型は耳より下でまとめましょう。髪色はやはり黒が無難ですがあまり気にする必要はありません。

アクセサリーについて

アクセサリーは基本的に結婚指輪以外は外すのが無難です。つけたい場合は、一連のパールのものを着用するのがいいでしょう。

シーンに合った服装を
心がけましょう

喪主はどうしても、参列者から服装などを見られる立場にあります。不幸がありつらい状況ではありますが、きちんとした服装で故人を見送るということも大事なことです。

自分で用意することがつらい場合にはレンタルするという手段もありますので、しっかりとした喪服で葬儀を迎えましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。喪服のマナーについて理解が深まりましたでしょうか。当サイト『すえひろがり』では、八王子のおすすめ葬儀社もピックアップしています。ページ下部の画像リンクから確認できますので、ぜひご覧になってみてください。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る