TOP » 葬儀の疑問Q&A集 » 訃報のお知らせってどうするの?

訃報のお知らせってどうするの?

訃報は電話で伝える

家族や親しい人が亡くなったとき、喪主や葬儀を手配する方にはやらなければならないことが山のようにありますが、まずしなければならないのが訃報のお知らせでしょう。

訃報とは一言でいうと、故人の死去を知らせることです。訃報のお知らせは、基本的には電話でします。緊急性の高い連絡ですので、電話に出てもらえればすぐに内容が伝わるという点、また、きちんと自分の口から伝えられるという点ではやはり電話が一番便利です。

SNSでも一応大丈夫

最近では、メールやLINEでお知らせしたとしても問題ないとされていますが、相手との関係性を考慮する必要はあります。ただし、訃報で重要なことは「早く確実に相手に伝わる」ということですので、その方法はこれでなければならないと限定されるものではありません。

ハガキという手段もありますが、ハガキを送る場合は家族やその他の身内のみで葬儀をあげて、その事後報告をするという場合になります。その他の方法では、亡くなった方が社会的立場が高かった場合には、新聞のお悔やみ欄に死亡広告を載せる場合もあります。

訃報で伝える内容

訃報で伝える内容ですが、これは二段階に分かれます。まずは葬儀が決まる前の段階です。故人が亡くなったことを家族や親族、特に親しかった人などに取り急ぎ報告する際には

を簡潔に伝えます。もし、連絡した人に来てほしい場所(病院や自宅、安置室など)がある場合には、来てほしい場所の住所と連絡先を伝えておくとよいでしょう。

その後、葬儀が決まり参列してほしい人にする訃報のお知らせには

ということを伝えます。

訃報を伝える順番

訃報をお知らせを送る範囲は人によってまちまちですが、親族や友人、会社の人、近所の人など故人や故人の親族と関係のある人たちに送ることが一般的です。訃報を伝える順番の一例は以下の通りです。

  1. 家族や親しい親族
  2. あれば菩提寺
  3. その他の親族や親しかった友人
  4. 故人の関係者
  5. その他の関係者

となります。菩提寺の優先順位が高いのは、葬儀の日程の打ち合わせをする必要があるからです。菩提寺が特にない場合には、わざわざお寺を探して連絡する必要はありません。家族や親しい人が亡くなったとき、やらなければならないことがたくさんありすぎて、どのようにどの順番で訃報のお知らせをすればいいのか混乱してしまうことが多いものです。そのため、もし準備できる期間があるようであれば、事前に訃報をする順番のリストや内容を準備しておくことが大事です。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。訃報は葬儀でもどうすればよいのか迷いがちな点ですが、少し理解ができたのではないでしょうか。当サイト『すえひろがり』では、八王子で葬儀を徹底サポートしてくれる、おすすめ葬儀社を集めています。ページ下部の画像リンクから詳しく見れますので、ぜひご覧になってみてください。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る