TOP » 葬儀の疑問Q&A集 » 喪主は誰がやるべき?

喪主は誰がやるべき?

喪主は誰がやっても
構いません

喪主はこのようにして決めなければならない、という決め方はありませんので、どのような決め方でも問題はありません。ただ、一般的なパターンとしては、一番近い親族がやることが多くなっています。

例えば、ある男性が亡くなった時には、既婚者であればその妻が、妻に先立たれていれば子供がやることが多いです。一般的には子供が二人いて、それが男女だった場合には息子がやる場合が多いのですが、それは昔ながらの男子が跡取りであるという風習が残っているためです。

例えば姉と弟だった場合では、長男である弟が喪主を務める場合が多いということです。喪主になる基準としては、同じお墓に入るかどうかという点が重視されることもありますので親戚に確認をしてみるのもいい手段です。女性は結婚して嫁いでいってしまうことが多いという背景のなごりでしょう。

妻や息子が喪主をしない
のはどんな時?

上記の決め方で喪主を決めることが多いのは事実ですが、妻や息子が喪主を務めない場合も多々あります。

喪主には葬儀を通して様々な役目があります。そのため、喪主になる妻や息子が喪主の役目を果たせないであろうやむを得ない理由がある場合には、それ以外の親族が喪主になるというケースも多々あります。

例えば、妻に先立たれた男性が亡くなり、姉と弟の二人の子供がいたとして、弟はまだ未成年で喪主の役目を果たせないと判断される場合には、その姉が喪主を務めるというケースがあります。また、近年多いパターンでは妻が高齢で喪主の役目が果たせないという時にも子供が喪主となりますが、子供が娘だけであれば娘が喪主となります。

故人が未成年の場合には、その親や兄弟が喪主を務めるというケースも考えられます。

喪主は
できる人が務めるもの

このように、喪主は必ずしもやらなければならない人が決まっていたり、特定の決め方があったりするわけではありません。喪主とは、やれる人がきちんと務めればいいものなのです。

喪主を誰にするかで揉めてしまうというようなことがある場合には、共同で喪主を務めるということも実は可能です。例えば兄と弟のどちらが喪主を務めるのか喧嘩になってしまいそうなときには、兄弟二人共同で喪主を務めればよいのです。

そして一番大切なことは「喪主になったからといってひとりで何もかも背負い込むのではなく、周りに協力を仰ぎながら、作業を分担してもいい」ということです。

家族や親族に協力をお願いして、故人に感謝を述べられる、すばらしい葬儀にしてください。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。ぜひ、喪主を決める助けとなれば幸いです。当サイト『すえひろがり』では、八王子でいい葬儀を行うためのおすすめ葬儀社を紹介しています。ページ下部の画像リンクから確認できますので、ぜひご覧になってみてください。

八王子で一番「ありがとう」の気持ちが伝わる葬儀社を探す
        葬儀っぽい花の写真_sideber_top

八王子で故人も参列者も満足できる「貸切葬」ができる葬儀社をまとめました。こだわりの自社斎場を持つ葬儀社をぜひご覧ください。

おすすめの
葬儀社を見る